• image01
  • image02
  • image03
  • image04
  • image05
  • image06
  • image07
  • image08
  • image01
  • image02
  • image03
  • image04
  • image05
  • image06
  • image07
  • image08


本棟造りの立派なお住まいでしたが、築209年が経ち耐震性に不安を感じていました。生まれ育った家だけに「壊したくない」という思いから、伝統家屋の再生実績が豊富な「新築そっくりさん」に相談。綿密な調 査をした結果、補強を施せば安心して暮らせる住まいに再生できることがわかり依頼を決めました。

ビフォー・アフター

BEFORE

敷土台には栗の木が使われており白アリの被害はないものの、建物が傾いていました。

AFTER

現地・床下調査を基に、古民家の特性にあわせた最適な補強工事を提案。建物をジャッキアップして水平に戻した上で、南側の壁の少ない部分に構造壁を新設しました。

リフォーム後 その他のお写真

現地・床下調査を基に、古民家の特性にあわせた最適な補強工事を提案。建物をジャッキアップして水平に戻した上で、南側の壁の少ない部分に構造壁を新設しました。

現地・床下調査を基に、古民家の特性にあわせた最適な補強工事を提案。建物をジャッキアップして水平に戻した上で、南側の壁の少ない部分に構造壁を新設しました。

現地・床下調査を基に、古民家の特性にあわせた最適な補強工事を提案。建物をジャッキアップして水平に戻した上で、南側の壁の少ない部分に構造壁を新設しました。

現地・床下調査を基に、古民家の特性にあわせた最適な補強工事を提案。建物をジャッキアップして水平に戻した上で、南側の壁の少ない部分に構造壁を新設しました。

現地・床下調査を基に、古民家の特性にあわせた最適な補強工事を提案。建物をジャッキアップして水平に戻した上で、南側の壁の少ない部分に構造壁を新設しました。

現地・床下調査を基に、古民家の特性にあわせた最適な補強工事を提案。建物をジャッキアップして水平に戻した上で、南側の壁の少ない部分に構造壁を新設しました。

現地・床下調査を基に、古民家の特性にあわせた最適な補強工事を提案。建物をジャッキアップして水平に戻した上で、南側の壁の少ない部分に構造壁を新設しました。

現地・床下調査を基に、古民家の特性にあわせた最適な補強工事を提案。建物をジャッキアップして水平に戻した上で、南側の壁の少ない部分に構造壁を新設しました。

現地・床下調査を基に、古民家の特性にあわせた最適な補強工事を提案。建物をジャッキアップして水平に戻した上で、南側の壁の少ない部分に構造壁を新設しました。

現地・床下調査を基に、古民家の特性にあわせた最適な補強工事を提案。建物をジャッキアップして水平に戻した上で、南側の壁の少ない部分に構造壁を新設しました。

現地・床下調査を基に、古民家の特性にあわせた最適な補強工事を提案。建物をジャッキアップして水平に戻した上で、南側の壁の少ない部分に構造壁を新設しました。

現地・床下調査を基に、古民家の特性にあわせた最適な補強工事を提案。建物をジャッキアップして水平に戻した上で、南側の壁の少ない部分に構造壁を新設しました。

事例 概要

所在地 長野県
事務所 長野事業所

リフォーム事例一覧へ戻る