洗面台

洗面台リフォームのポイント

洗面台のリフォームでは、次のポイントを抑えてください。

  1. 適切な高さか。
  2. 使い勝手や機能性に優れているか。
  3. 「安さ」「デザイン性」「使いやすさ」など、何を重視するのか。

まずは、洗面台のサイズを測ろう!

既存の洗面台のサイズを測ろう

洗面台のサイズを測ろう
洗面台リフォームのためには、既存洗面台の間口と高さ、吊戸棚のサイズ、洗面台の幅など、洗面台の様々なサイズを細かく計測しておくことが重要です。

洗面台の「高さ」に注意

洗面台の高さ
洗面台の高さは「身長165cmの人で80cm程度」が目安と言われています。計測方法として「(身長÷2)+5cm」。実際に洗面台の前に立って、どの高さが適切な高さかを測っておくことをおすすめします。

また洗面所リフォームの際には、家電用のコンセントを取り付けるのをお忘れなく。増えていくことを考慮し、少し多めに付けておきましょう。

洗面台はパーツごとに選べる!

間口を選ぶ

洗面台の大きさは3つ(間口の大きさ60㎝・75㎝・90㎝)に分けられます。よく使用されているサイズは60㎝と75㎝です。スペースにゆとりがあれば、サイズを大きくすることも可能です。

60㎝ 75㎝ 90㎝

化粧台のタイプで選ぶ

洗面化粧台は収納されるものや、容量に合わせて使いやすいものをお選びください。

※間口60cmのタイプは、扉タイプのみになります。

扉タイプ 引き出しタイプ フルスライドタイプ
扉タイプ 引き出しタイプ フルスライドタイプ
大きなものもしっかり収納できるベーシックタイプ 背の高いものと、ボトルや小物を分けて収納できます。 奥まで十分に収納できて出し入れも簡単です

鏡を選ぶ

一面鏡 二面鏡 三面鏡
一面鏡 ニ面鏡 三面鏡
最も一般的なタイプ。種類によっては、真ん中も収納になっていない場合もある。 両開きタイプと片開きタイプがある。 全面鏡裏収納が付いているので、小物が 片付いてすっきり見える。
※60㎝の間口の場合、3面鏡のものはないため注意が必要です。

ボウルを選ぶ

陶器 人工大理石 ホーロー
陶器 人工大理石 ホーロー
傷がつきにくく、長期の使用でも美観が損なわれにくい。 カラーバリエーションが豊富。割れる心配はないが、傷がつきやすい。 傷にも強く、酸やアルカリにも強い。表面のガラス層が欠けるとサビが発生する。

水栓タイプを選ぶ

2ハンドル水栓 シングルレバー混合栓 ハンドシャワー水栓
2ハンドル水栓 シングルレバー混合栓 ハンドシャワー水栓
ハンドルをそれぞれ調整することで水量と温度を合わせるタイプ。 上下で水量を、左右で水の温度を調整するタイプ。 シングルレバーに、ホースを伸ばせるシャワーがついたタイプ。

洗面台は使いやすさを重視しよう!

1. 収納スペースはモノに合わせて確保しましょう。

洗面室では収納場所を確保することが難しいため、洗面台自体の収納機能が充実しているかが重要です。収納するモノは、洗剤や歯ブラシなど、家族の人数や構成により異なります。「なに」を「どのくらい」収納したいか確認しておきましょう。

2. 扉の開閉方法にもこだわりましょう。

「収納しているモノが分かりやすい」、「奥にあるものが出し入れしやすい」という特徴のキャビネットをおすすめします。収納しているモノが分かりやすい、という点では引き出し式のフロアキャビネットがおすすめです。

3. 鏡内部の収納スペースは十分にあるか、確認しましょう!

鏡の裏側の収納も工夫が必要です。鏡を開けた際に棚やトレーが設置されていたり、自由に組み合わせることができるタイプもあるため、レイアウトや手入れのしやすさを考慮して、選ぶようにしましょう。

その他にこのような点も忘れずに。

家事室としての洗面所リフォーム

洗濯機
洗面所に洗濯機がある場合は、家事室としての工夫をしましょう。
夜に洗濯した際も汚れ落ちがよく見えるよう、そばに照明器具を取り付けておくと便利です。
そして洗剤や柔軟材の置き場、洗濯物を入れて置く場所、干し場への移動など、家事がしやすいようにリフォームプランをしましょう。

冬でも暖かい空間に

脱衣所
洗面所が浴室の隣りにある場合は、脱衣所としての工夫も必要です。
裸になったり、体が濡れたままでいることが多いのですから、寒い冬でも暖かい洗面所にするリフォームを考えましょう。
特に注意したいのがヒートショック現象*です。洗面所と浴室に暖房を取り付けて温度差をなくす対策をしましょう。

*ヒートショックとは、急激な温度変化によって、血圧や脈拍に大きな変化を起こすこと。重大な事故に至ることもあります。

脱衣所の床は腐りやすく、壁と天井はカビやすい!

浴室タイル
足拭きマットがあっても、洗面所の床は水滴が付きやすく、腐りやすい状況にあります。
洗面所の床材は水に強い材料・・・タイル、クッションフロア、耐水フローリング、コルクなどを選びましょう。
同じように壁や天井もカビやすいので、調湿機能がある壁紙や珪藻土、エコカラット、防カビ機能のある塗料を選びましょう。

【リフォームに関するお問い合わせ】

インターネットからのお問合せ

お電話でのお問合せ(最寄りの営業所へ)

営業所一覧

お気軽にお問い合わせください TEL 03-3605-2488 【受付時間】 9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright© 2020 KABARA Fuel and Home Facilities Co., Ltd. All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.